スター食品ヘッダ
 
 

クエン酸とは?

昔から、梅干し・お酢・レモンなど酸っぱいものは健康に良いと言われて来ました。これら酸っぱいものにはクエン酸が多く含まれています。

 

クエン酸サイクル

クエン酸はノーベル賞学者クレブス博士の発見した【クエン酸サイクル】(TCA回路)という体のエネルギーを生み出す代謝活動に欠かす事の出来ない大切な物質です。私たち人間を含めあらゆる生物は栄養物を体内で燃やし、その熱をエネルギーとして生きています。燃やすと言っても炎を出して燃やすのではなく、 ちょうど使い捨てカイロと同じ原理で鉄粉が錆びる時に発する熱=つまり穏やかな"酸化"による燃焼が行われています。私たちが食物を口にして消化吸収し、小腸から肝臓に入った『ブドウ糖(米、パン、麺類のデンプン質)』『アミノ酸(肉、魚のタンパク質)』『脂肪酸(油、脂質)』は最終的にすべて細胞内の組織で行われる【クエン酸サイクル】(TCA回路)に入ります。【クエン酸サイクル】に入ると8種類の有機酸に変化循環し、その段階ごとに燃焼が起きATP(アデノシン三燐酸)と呼ばれる生命活動に必要不可欠のエネルギー源が創出され私たちは身体を動かし呼吸をし内臓を動かして生きているわけです。

しかし、忘れていけないことはこの【クエン酸サイクル】はひとりでに廻り続けるのではないということです。【クエン酸サイクル】が廻るたびに生命活動に不可欠なエネルギー『ATP』を作り、疲れの元凶『乳酸』や『コレステロール』『体脂肪』を分解してくれますが、その分酸の量も減らし続けています。つまり、酸を補給し続けないと【クエン酸サイクル】は順調に廻り続けることが出来ず、食べ物から摂取した栄養から分解・変化した有毒物質を体内に放置してしまう事となります。これらの有毒物質は『乳酸』『焦性ブドウ酸(ピルビン酸)』で、筋肉疲労 や肩こりなど、あらゆる疲れの原因と考えられています。酸性物質である『乳酸』は体内組織と親和性があるので筋肉のタンパク質と結合し乳酸タンパク質となり筋肉を硬化させます。これが肩こりや腰痛となり疲労を起こすと考えられています。


  

クエン酸で基礎代謝ダイエット

基礎代謝ってご存知ですか?基礎代謝とは私たちが生きていく為に必要な最低限のエネルギー代謝(寝ているだけでも消費されるカロリー)を表します。基礎代謝は子供の頃は高いのですが年齢と共にだんだん低下していきます。そして、その基礎代謝の低下には個人差があります。同じ位の食事&運動をしているのに太る人と太らない人!?とか大食漢なのに細い人、いわゆるヤセの大食い!?とか…この違いは、基礎代謝に関係があると考えられ、その鍵を握るのが【クエン酸サイクル】と言われています。クエン酸を日常的に体内に摂り込み【クエン酸サイクル】を活発に廻して、コレステロールや体脂肪・乳酸を分解し体内のカロリーを効率よく燃焼させ新陳代謝が活発な健康的な身体にすることで、肥満を防止して体脂肪がつきにくい身体を目指す…つまり、クエン酸を日常的に摂取することでダイエットのサポートに!!

 

キレート作用

クエン酸にはカルシウムや鉄分を腸管から体内に吸収しやすくするキレート作用もあり、各種サプリメントの持つカラダにいい機能をより効果的に体内に取り込みます。キレート作用には血液凝固の原因であるカルシウムイオンと結合する性質があり吸収を高めるといわれています