スター食品ヘッダ
 
 
明治31年   初代森田慶蔵…東京市神田区今川小路9丁目(現在の千代田区九段)にて創業。陸軍省近衛連隊にラムネ、氷種(日本で初めて氷蜜に着色した現在の氷用シロップのルーツ)を軍納
昭和7年   業務拡張のために現在地東京都千代田区一ツ橋に移転
昭和22年  

スター食品工業株式会社に組織改

銀座のバーを中心にカクテルブーム→日本バーテンダー協会から推薦される

昭和25年  

戦後の国産瓶入りジュ−ス第一号”ハワイアンオレンジエード”を発売。

(『ザ・ジュース大図鑑』扶桑社出版 町田忍著)

昭和26年   コンク(稀釈用)ジュースを日本で初めて製品化
昭和28年   研究を進めていた、食品防腐剤「エバーグリン」が完成。特許を受け製造を始める
昭和29年   当社が開発した特許食品防腐剤「エバーグリン」が東京都から”東京都認定優秀発明品”として表賞されると共に”東京都優秀発明品奨励金”を授与される
昭和30年   全国フレーバーショーに於いてスターオレンジコンク、スターレモンコンクがそれぞれ最高人気得票賞及び最優秀賞を得る
昭和32年   業務拡張の為、東京小石川に新工場を竣工
昭和36年   日本食品衛生協会より”優秀施設 工場”として表賞される
昭和44年   東京文京区大塚に商品センター及び社員寮を開設
昭和46年   農林省(現在の農水省)から”JAS規格認定工場”として認可される
昭和48年  

高級志向の中、日本で初めて50%果汁のジュースドリンクを開発。「スターオレンジ50」として発売。

業界に先駆けて輸入果汁(カリフォルニア・バレンシアオレンジ)を使用。「スターグレープフルーツ50」もフロリダ産果汁を使用して発売

昭和53年   牛乳のカルシウムとペクチンを反応させ、混ぜるだけでムースが出来る「スターデザートベース」を開発。
昭和57年   容器のワンウェイ化に依る製造及び物流の合理化を目指し、日本で初めてPETボトルを採用
昭和59年   焼酎サワーブーム到来。大型居酒屋向けディスペンサー用焼酎サワーベースを開発。レモンサワー・梅サワー・ライムサワーを発売開始
平成元年   日商岩井食料株式会社と業務提携。業界に先駆けて米国フロリダ産ストレートジュースを発売
平成5年   オーストラリアからオーガニックジュースを輸入。業務用として国内初の販売
平成6年   業界に先駆けてブルーベリーコンクを発売した実績から、日本ブルーベリー協会設立に参画
平成9年   「スタープレミアムコーヒーMIX」 開発製造。関東及び近県の公営施設に販売
平成13年   新しいガムシロッップの提供方法として「スターエコガム」を世界に先駆け開発、発売。世界特許のECOinnPACKに充填されたガムシロを専用ディスペンサーに充填しポンプを押し出して供給する画期的方法を提唱。ポーション式ガムシロに比べゴミの量が50分の1に減量出来るエコロジー商品として注目を集める
平成14年   創業100周年記念事業の一環として着工した本社ビル(一ツ橋フォレスター12階建600坪)竣工
平成15年  

健康飲料「お疲れさんにクエン酸!10倍稀釈用」発売…その他一般小売店等に販路拡大

1LPETボトル意匠変更に伴いコンクシロップのラベルデザインを新装。伝統を生かしたレトロ調に

事業拡大に伴い資本金を4,000万円に増資

平成16年  

大好評「お疲れさんにクエン酸!」500ml焼酎割用!及び500ml美容健康これカラダ!新発売

(詳しくは「クエン酸飲料」をクリック)

平成17年  

食品添加用 「高度脱臭DHA」発売開始

平成18年  

高濃度クエン酸飲料「お疲れさんにクエン酸!シトラックス」10倍稀釈用500ml発売開始

平成18年  

事業拡大に伴い資本金を6,000万円に増資

平成19年  

ヒアルロン酸飲料「ヒアルロンビューティー2400」500ml発売開始

平成19年  

そのまま飲める「シトラックススリム」200ml発売開始